【横浜市】広汎性発達障害、ADHDで障害厚生年金3級が認められた事例

30代女性
病名:広汎性発達障害、ADHD
結果:障害厚生年金3級

<依頼者の状況>

 ご来所の前に、お母様より「娘が発達障害と診断された」とお電話でご相談を受けました。その後面談にはご両親が来所され、手続きの進め方などをご説明させていただき当事務所で手続き代行して進めていくこととなりました。

<受任から申請まで>

 当初より、初診の病院が廃院してしまったとのことで非常に悩んでおられました。しかし、インターネットで調べたところ、病院名の変更と院長がお辞めになられていたが、当時のカルテを引き継いでいるとのことでしたので、受診状況等証明書を依頼し作成いただきました。
 手続きは当初ご両親とのやりとりで進めましたが、病歴就労状況等申立書の作成に少し時間が掛かり、診断書の提出期限も迫っていました。そこで、ご本人からこれまで感じていた思いや日常生活状況を詳しくヒアリングして、何とか期日までに間に合わせることができました。

<結果>

 特に日本年金機構からの返戻等もなく、無事に障害厚生年金3級に認定してもらうことができました。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中