年金事務所で断られたが、遡及請求が認められた事例

20代女性

病名:うつ病

結果:障害基礎2級(障害認定日当時遡り、5年遡及)

<依頼者の状況>

 ご相談にはお母様とお2人でいらっしゃいました。最寄りの年金事務所で相談をした際に、認定日当時通院していた病院が廃院しているので、認定日請求はできないと言われたとの事でした。しかし、ご本人は当時の主治医が違う病院を開業していることを調べて、何とか認定日請求ができないかとご相談に来られました。

<受任から申請まで>

 まずは認定日当時の主治医にご連絡を取りました。当時のカルテが残っているかどうかが鍵でした。運よくカルテが残っていることと、診断書についても記載いただけるとのことで、依頼いたしました。しかし、作成いただいた診断書では、認定日請求ができない可能性がありましたので、主治医へ障害年金の制度についてご説明をして再度依頼を致しました。

<結果>

 特に、審査の途中で日本年金機構から問い合わせもなく、障害基礎年金2級の認定が下りました。また、認定日請求も認められたので、5年遡及となり、大変喜ばれました。

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中