双極性感情障害で約5年遡って受給できた事例

50代女性

病名:双極性障害

結果:障害基礎2級(障害認定日当時遡り、約5年分受給(約470万円))

<依頼者の状況>

双極性障害で手帳3級取得。病院で障害年金のことを知り調べたがよくわからず、書類を作成するのが難しいとのことで依頼を受けました。

<受任から申請まで>

初診日を確定し病院に診断書の作成を依頼しましたが、発症から現在までの経緯を述べた申立書を見てから作成したいとのことで、まずは相談者とその夫から当時のことを聴取し、代筆しました。当時を思い出す辛さから作成に時間が掛かりましたが無事に完成させ、診断書の作成もしていただけました。

また、初診時から現在まで担当医に変更ありませんでしたが、病院の閉院により初診証明が必要となり、診断書の追記及び当時の診療録の写しを依頼するなどの対応をしました。

<結果>

特に日本年金機構からの問い合わせもなく遡って年金支給が認められ、障害基礎年金2級を取得しました。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中