初診から年数が経っていたが、うつ病で受給できた事例

40代男性
病名:うつ病
結果:障害基礎2級(事後重症請求、年額 約78万円受給)

<依頼者の状況>

精神障害者手帳 3級取得。幼い頃から自身喪失することが多く、仕事が続かないことに悩み、うつ病となって入院中でした。初診日は10年以上前で、通院すらできないくらい引きこもっていた時期も数年ありました。受診したことのある病院を思い出すところからのスタートでした。

<受任から申請まで>

通院歴についてはお母様にも協力していただき、思い出すことができました。

入院先の主治医に作成していただいた診断書は当初軽く書かれており、入院中のサポートがあるからこその状況であることを伝える文書を作成しました。結局はそのタイミングで主治医が変更となり、新しい主治医による判断では現実に近いものとなりました。

事後重症請求のため早く申請するに越したことはないのですが、依頼者にも確認の上、現在の状況を表している診断書を入手できるまで待ちました。

<結果>

特に日本年金機構からの問い合わせもなく年金支給が認められ、障害基礎年金2級を取得しました。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中