うつ病で障害基礎年金2級が受給できた事例

40代男性
病名:うつ病
結果:障害基礎 2級(認定日請求、年額約78万円受給)

<依頼者の状況>

家族に体調の優れない方がいるためご家庭でもご自身の担う役割が大きい中、仕事が多忙を極め、うつ病になりました。奥様が病院の受診を勧め、障害年金について相談にいらっしゃいました。思えばこの病に罹ったのは幼少期の環境から始まっているように思う、と幼い頃のことも少し触れて、現在に至るまでを振り返って話してくださいました。

<受任から申請まで>

精神科に通院される前に肩こり等の体の不調を理由に通われたクリニックがありました。初診を証明する受診状況等証明書は精神科の病院で入手しましたが、そのクリニックの記載があったため、相当因果関係があれば初診が変わる可能性があり、日本年金機構の判断を待つことになりました。

<結果>

日本年金機構と初診についてのやり取りを経て年金支給が認められ、障害基礎年金2級を取得しました。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中