約2年がかりで受給に至った事例(うつ病)

<概要>

40代男性
病名:うつ病
結果:障害厚生3級(障害認定日当時遡り、約3年半分受給)

<依頼者の状況>

職場の人間関係が上手くいかず、転職を繰り返しているということでご相談にいらっしゃいました。相談にいらしたときには既に障害認定日を過ぎていたので、すぐにでもお手続きしましょう、ということになりました。

<受任から申請まで>

主治医に診断書作成をお願いしたところ「診断書を書いても受給できる可能性は少ない」と言われてしまいました。遡及請求をするにはなんとしてでも障害認定日時点の診断書が必要なため、焦らずゆっくりとお願いしていきましょうという方針としました。しかし、「主治医に診断書をお願いするのが難しい、話そうとすると症状が悪化してしまう」という状況になってしまったため、体調を見ながら少しずつ進めていくことになりました。

その後手続き完了までの2年間で、主治医を変えてもらい少しずつ理解を深めて、手帳が交付されたら障害年金の手続きをしましょうと主治医から提案してもらい、ようやく診断書を作成していただけました。病院を移らなかったため、障害認定日当時の診断書も作成していただくことができ、遡及請求もできました。

<結果>

裁定請求してからは特に疑義照会等もなく3ヶ月ほどで結果がでました。障害認定日に遡って、障害厚生3級に認定されました。

主治医が診断書を書いてくれない、という話しは良く聞きます。その場合は転院という選択肢が一番多いですが、転院してしまうと遡及請求をするのが難しくなってしまう(転院前の病院で診断書を書いて貰えない)ことが多いです。今回のように、期間はかなりかかってしまいましたが、諦めずに通院・依頼を続けることで、気持ちよく対応していただけることもあります。

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中