【横須賀市】社会的治癒が認められ統合失調症で5年遡って受給できた事例(障害基年金2級 遡及額約600万円)

40代女性
病名:統合失調症
結果:障害基礎年金2級(障害認定日当時遡り、5年分受給)

<依頼者の状況>

 ご主人よりお問い合わせいただきました。数年前から精神科へ通院していたのですが、病状悪化に伴い入院なされているとのことでした。医師へ障害年金受給の可否を聞いたところ、可能性はあると思うとのことで調べたものの、申請方法などがまったく分からずどうしていいか分からないとのことでしたので、無料相談にお越し、当事務所にて手続き代行して進めていくこととなりました。

<受任から申請まで>

 当初数年前に受診していた医療機関が初診だと思われましたが、それより10年以上前に精神科への受診歴があることが判明しました。ご主人もあまりご存知ではなく、ご両親に当時の状況を確認していただくとともに、その後の通院歴についても詳しく聴取しました。すると、以前受診していた精神科へは、数年ほど通院していたが、以降は症状もなく日常生活を送られていたとのことでしたので、社会的治癒の状態であると判断しました。

 ただし、必ずしも社会的治癒が認められるとは限らないので、病歴就労状況等申立書の作成は慎重に進めていきました。

 診断書については、障害認定日時点と現在の状態について作成いただき、いずれも実態に沿った内容と判断し、全ての書類をそろえて年金事務所へ請求いたしました。

 

<結果>

 審査の途中で日本年金機構から問い合わせもなく、障害基礎年金2級の認定が下りました。また、障害認定日まで遡り、5年遡及も認められました。

今回は特に問題もなく社会的治癒による請求が認められましたが、必ずしも認められるとは限りません。もし、以前受診歴がある方で、症状が落ち着き日常生活を送られた期間が相当数の期間がありましたら、当事務所へ一度ご相談ください。

 

お問い合わせフォーム

 

お名前 

メールアドレス 

お電話番号

件名

お問合せ内容

 ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料相談 受付中 予約受付中 無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

無料相談会ご予約受付中